アウトドアジュニア道

最強の旅のアイテム、キャンピングカーアウトドアジュニア。これを最大限に効率的にかつ快適に使い切り、全国を旅する。そんなキャンピングカーアウトドアジュニアを極めるサイトです。

ジュニア旅記録

大坂に行ってきました 2006年3月3日

投稿日:2006年9月15日 更新日:

おみやげ物の商品名のようなタイトルですが、ちょっと用があって出かけてきました。正確には大阪府泉大津市です。
ちょっとという割には往復で1126キロも走ってしまいました。

 

今回は「ジュニアのダイネットに大人3人が寝られるか?」
というテーマの実験も行いました。

大阪府泉大津市に行きました。往復で1126?走りました。

今回は「ジュニアのダイネットに大人3人が寝られるか?」
というテーマの実験も行いました。

金曜日は休暇をいただいて少し早上がり。あれこれと準備をして、出発は4時半を回ってしまいました。

この時間の環八は混んでいますね。東名に乗るだけで2時間近くもかかってしまいました。東名に乗ってからはスイスイ。
海老名SAで晩ご飯を食べ、足柄SAでお風呂に入り、目的地の浜名湖SAへ。全行程のほぼ中間地点です。

さて、ここで「おやすみ」となるわけですが、いつもと違い人がたくさん乗っています。
ダイネットのベッドにも3人寝なくてはいけません。普通は二の字で2人寝るところに川の字で3人寝ました。
1300×1820のスペースですからこれしかないです。一番右よりの人はシャワー室があるので、足が伸ばせませんがガマン。
あとの2人はベッドから足が出てしまいますがガマン。そう、ガマンすれば3人寝られるんですね。
(ジュニアのレイアウトはhttp://www.fsinet.or.jp/~lee-exp/indexfile/viewb.gif

明けて土曜日、西に向かって走ります。豊田JCTからは「伊勢湾岸道」。カーナビのソフトが古く、道がつながっていないらしく
「右」だ「左」だと、訳のわからんことをしゃべっていました。でも、なんか景色の良い道で、カッコイイ橋が架かっていました。
「なんとかトリトン」というそうです。 途中湾岸長島PAで休憩。

file_20060305T203921812

有名なナガシマスパーランドのすぐ脇です。面白そうです。

四日市JCTから「東名阪道」。そして国道25号。通称「名阪国道」。なんじゃこの道は?一般国道でありながら、見た目は高速道。
走る車の速度も高速道。でもタダ。凄い道です。もっと凄いことに、標高の高いところでは道路脇に雪。このあたり、雪降るんですね。

天理ICからは有料「西名阪道」になります。松原JCTからちょっと「近畿道」そして「阪和道」。堺JCTから「堺泉北道」。
100円です。お昼ちょっと過ぎに目的地に着きました。

さっさと用事を済ませ、5時頃には帰途につきました。「とんぼ返り」というやつです。

逆ルートで戻ります。途中「刈谷ハイウェイオアシス」http://www.kariya-oasis.com/で食事と温泉。
夏の万博ツアーでも利用しましたが、(そのときは一般道から利用し泊まりました)なかなか面白い施設です。
デラックストイレというのがあり、男はそうでもないですが、ご婦人用はとても凄いそうです。

そのまま浜名湖まで走って泊まりました。

そして今日。良い天気で暖かです。浜名湖SAでは、パン屋さんが開く8時を待ってパンを買い、
ジュニアの中ではなく湖畔で食べました。良い感じ。

途中日本坂PAの「焼津さかな工房」でお買い物。(これは予定通り)

走っていると、てっぺんまでくっきりはっきりと富士山。きれいです。

file_20060307T225145781

これは予定外の穴場に行くしかないですね。

file_20060305T203922968

それは富士川SA。道の駅富士川楽座がくっついています。 実はここの4階
(高速からはエスカレーター一つ乗るだけ) に富士山をながめながらコーヒーが飲める場所があるのです。
結構空いていてあまり人でごった返したりしません。 心が落ち着く場所です。

さてのんびりと心の洗濯をしたら先を急ぎます。

また、海老名SAでご飯を食べたら、インフォメーションへ。しめた。まだ帰り車の渋滞は出ていない。美女木JCTまで65分。
迷わず首都高ですね。ETCの割引で2割引です。浦和まで行ったって800円です。Let'go……
というわけで3時前に帰ってきました。

-ジュニア旅記録

Copyright© アウトドアジュニア道 , 2019 All Rights Reserved.