アウトドアジュニア道

最強の旅のアイテム、キャンピングカーアウトドアジュニア。これを最大限に効率的にかつ快適に使い切り、全国を旅する。そんなキャンピングカーアウトドアジュニアを極めるサイトです。

ジュニア旅記録 徒然草

博多の旅 フェリーの下見 2022年10月21日

投稿日:2022年10月27日 更新日:

ジュニアの旅ではないのですが……下見と言うことで。

私は学習塾を経営しているのですが、フランチャイズの「松陰塾」をやっています。本部は九州福岡です。博多です。
3年ごとに契約更改していますが、まもなく9年になります。3回目の契約更改ということです。
今まで書類のやりとりだけで終わっていましたが、今回は福岡の本部まで行くということになりました。

博多はずーっと昔に、元同僚のご婦人に会いに行ったことはあります。
塾をやるに当たっては、2013年の7月に行きました。

博多へ行きました。2013年7月25日

さらに、開塾直前の2014年3月に研修で行ってます。
今回で4回目の博多と言うことになります。

今まではすべて飛行機の利用でしたが、今回は少しおもしろいことを考えました。
完全リタイヤしたら、ジュニアの地図で残っている九州へ行こうと考えています。今までなら徳島経由で30時間「オーシャン東九フェリー」という選択だったのでしょうが、昨年の7月に新航路、横須賀・新門司間の「東京九州フェリー」ができました。21時間です。速い。九州旅行の復路はこれだなといろいろ調査しているときに、今回の九州行きの話になりました。
下見を兼ねて、人間だけだけど、乗っちゃうか?と今回の旅です。

先方が平日の午後でないとだめという指定なので、面接は10月21日金曜日の15時に予約しました。
はじめは新幹線も考えましたが、まともに切符買ったら時間の割に高いです。飛行機は早朝の変な時間なら1万円以下の便もあるようですが、昼間のまともな時間だと1万8千円くらい。それでも新幹線の2万2千円より安いです。さらに前出のフェリーだとなんと1万2千円です。(結局少し良い個室をとったので1万8千円)フェリーだと宿を取る必要もありません。

予約してから全国旅行支援の話も出てきましたが、報道では不明点も多かったので、予約通り行きは飛行機、帰りはフェリーにしました。飛行機はスターフライヤーをとりました。それまでの3回の博多行きで、一番ゆったりしてて快適だったからです。(スカイマークは狭い。)

YouTubeで散々東京九州フェリーを研究し、乗ったことも無いのにどこに何があるか、停電でも歩けるくらいに知識と気持ちを高めて当日を迎えました。なのでこの記事はフェリー旅中心になっちゃいます。

 

いよいよ10月21日になりました。飛行機が12:10出発なので、いつものように最寄りの志木駅から9時発羽田空港行きのリムジンバスを考えていました。

11時前に着く予定です。

バスが来ました。運転手さんが降りてきて、大声で「大渋滞なので、到着はかなり遅れることを承知でご利用ください。ちなみに山手線は事故で止まっています。」と告げました。
えー。参ったな。しょうが無いので電車の駅へ。駅すぱあとで調べました。
山手線を使わずに、しかも11:00位に羽田に着ける方法。
ありました。裏技。こんな方法は知りませんでした。

志木駅から地下鉄有楽町線で有楽町まで、そこからJR京浜東北線で新橋まで。

ここは最悪でも歩けます。新橋から都営地下鉄浅草線で羽田空港へ。(京浜急行の乗り入れなんですね。)

なんとか11:00位に羽田到着。いきなりこれでは先が思いやられる。


とにかく空弁。今半のすき焼き丼。ちょっと高いけど……。

ネットですべて済ませてあるので、チェックインはありません。iPhoneのQRコードピッですぐに保安検査へ。保安検査って何か怖いですよね。田舎モンだからドキドキ。……の割にはスムーズに通りました。

搭乗まで少し余裕ができたので、空弁食べちゃいました。

しばらくして搭乗。搭乗口2番。

スターフライヤーって良いですよね。男性のCAさんでした。

離陸。

今回は左の窓側は取れなかったので、富士山の写真はありません。天気良かったんですがねー。

2時間弱で無事福岡空港着陸。

荷物は預けてないので、とっとと地下鉄へ。

福岡空港ってアクセス良いですよね。二駅で博多駅。さらに二駅で目的の中洲川端駅に到着。この駅直結の「リバレイン」というビルの10階に、「松陰塾」本部のオフィスがあります。

なんとか面接をクリアし、フリーになりました。

フェリーまでは時間があるので、そのあたりをぶらぶらと。(といって1万歩以上歩いた。)

博多に来て神戸牛は無いよな……。

結局、博多駅デイトスの濱かつで一人祝杯。鹿児島の牡蠣で……。

お土産も買いました。「博多通りもん」と「めんべい」。定番ですね。

小倉駅まで行くと、フェリーターミナル行きの無料送迎バスに乗れます。20:38の電車に乗れば22:00小倉。遠いですね。バスが22:10発なので、ちょっと余裕を見て1本早い電車にしましょうかね、20:05発。
で、19:55位にホームに上がったら、なんとその前の19:30あたりの電車が来ていない?45分遅れとかでホームに人があふれてます。その電車が20:10位に来きました。超満員。目的の電車も15分遅れだとか。
ほんとに15分遅れで行けるのか?1時間半くらい満員電車?最悪20:38の電車も遅れたらフェリー乗れない?いろいろな不安が錯綜して、「新幹線で行こう!」と決断しました。990円かかりますがね。

新幹線ホームで少し待って20:36の岡山行きに乗りました。新幹線、速い。20分くらいで小倉です。21時前です。早すぎる。バスまで1時間以上ある。あー。今回は本当にバスやら鉄道やらに悩まされます。

小倉駅新幹線口はなーんもありません。

珈琲屋さんも21時で閉まっちゃいます。やっと見つけたファミマでコーヒーを買います。アッチッチ。コーヒーをこぼしてしまいました。

最悪。ひたすら数独をやってバスを待ちます。

22時少し前にバスが来たので、荷物を預けとりあえず座ります。22:10までバスは出ませんが、バス停で待つよりましです。

バスは定刻に発車。もう時間も遅いので、スムーズに22:50新門司フェリーターミナルへ。

今回乗船する「はまゆう」が停泊しています。でかい!何でも220メーターを超えているとか。写真に入り切りません。
ターミナルで少し待って23時過ぎ乗船。

またiPhoneでQRコードビッです。このQRコードが部屋の鍵にもなっています。4~6階が客室。の5階です。

ツーリストSという2畳ほどの個室です。

この下にツーリストAというカプセルホテルのようなところもあります。

船はとにかく豪華です。4~6階吹き抜けになっています。内装もなかなか良いです。

23:55出港なので、眠い時間です。出港を確認し、売店でビールとえびせんを買い、ちょっとやって寝ました。

朝は7:30に目覚ましをかけておきました。窓はないので真っ暗です。朝感がありません。

身支度を調えてレストランへ。
モーニングのセット。なかなか旨い。

で、朝風呂へ。このフェリーのお風呂は充実しています。露天風呂あります。当然オーシャンビュー。快適です。

しばらくしたら姉妹船の「ソレイユ」とすれ違いました。相対速度100キロ超で、あっという間です。初めて汽笛を聞きました。

うだうだしてたらプラネタリウムが始まると言うというので、行ってみました。

まあ、星を見ると言うよりヒーリングタイムですね。

船首側のフォワードサロンでは、進行方向が見えます。タイタニック的な感じです。

運動不足用にスポーツルームもあります。少し歩いてみました。

デッキが広い。野球できるくらい。

なんだかんだしてたらお昼です。お昼はバーベキューを予約してあります。レストラン後方の甲板でバーベキュー。船で、海を見ながらバーベキューってすごくないですか?

帰りが車ではないので、とにかく呑んでしまいますね。

午後、またうだうだしてたら今度は映画があるということです。「ペット2」。この映画はほのぼのしてて良いですね。船旅には合ってるかも。
また風呂入ったり、船内探検したりしてました。

うだうだしてたらおなかが激減りです。本来18:00からのレストランが17:30に開きました。

それっ!九州の名物を。チキン南蛮。

うまい。また呑んでしまいました。
だんだんゴールが近くなってきました。太平洋では時速50キロという高速でしたが、東京湾に入るとのろのろです。

横須賀の街の灯がきれいです。

20:45、着岸。

横須賀フェリーターミナル。

新航路なので新門司も、横須賀もへんぴなところにフェリーターミナルがあります。新門司はへんぴすぎて送迎バスがありましたが、横須賀は半端にへんぴ。最寄り横須賀中央駅まで1.2キロ。公共交通機関無し。歩くしか無い。タクシー呼んどけば良かった……と思ったけれど後の祭り。この度で一番過酷だったかもしれない約20分でした。しかも、駅にエスカレーターないし。

京急で横浜まで出て、東急東横線。

地下鉄副都心線乗り入れで和光市まで行っちゃいます。そこから志木までは3駅。
23:45帰ってきました。フー。

でも、船旅ってなんかのーんびりしますね。豪華客船でクルーズする人の気持ちが、少しわかりました。

九州旅行、本番が楽しみです。

-ジュニア旅記録, 徒然草

Copyright© アウトドアジュニア道 , 2022 All Rights Reserved.