アウトドアジュニア道

最強の旅のアイテム、キャンピングカーアウトドアジュニア。これを最大限に効率的にかつ快適に使い切り、全国を旅する。そんなキャンピングカーアウトドアジュニアを極めるサイトです。

徒然草

ハイエースジュニア 2007年9月24日

投稿日:2007年9月24日 更新日:

リーエキスポートで噂の「ハイエースジュニア」を見てきました。

 

今日リーエキスポートへ行ってきました。目的は二つ。

一つめは、現行タウンエースのオーダーストップに関する、今後のジュニアの動向について社長に直撃インタビューするため。

二つめは、最近噂になっている「ハイエース」をベース車とした、バンコン版アウトドアジュニアを見に行くためです。

一つめの回答は「新型1500ccタウンエースで作る。」ということでした。

さて、二つめ「ハイエースジュニア」。これが面白い。

DSCN2602

ハイエースのロングワイドをハイルーフ化し、ジュニアのコンセプトの元に装備を詰め込んだもの。

DSCN2604

何せハイエースは2700ccのエンジンで、現行ジュニアの最大の弱点であるパワー不足とは無縁です。
これで現行ジュニアなみの装備だったら魅力的ですよね。

アウトドアジュニアの最大の特徴は2.8kwジェネレーターと家庭用エアコン。
こいつらはハイエースのハッチを開けるとそこにいました。

DSCN2624

ハッチを開けたところにもう一つ部屋がありました。(室内とは遮断されている)

左にジェネレーター。マフラーはハッチを突き抜けて外に出ています。ただし熱風が直に後に出ないようにカバーが付いています。

DSCN2606

熱を抜くために床に穴が開いてファンが付いています。上部もハッチが切り取られ、メッシュになっています。

DSCN2605

始動は室内側に窓が付いていて、現行ジュニアのように操作するようにはなっていましたが、万一に備え、
穴は開けずにジェネレーターはワイヤレスリモコンでかけるようにするとのことでした。

DSCN2611

右のエアコンの後もハッチが切り取られ、ファンが付いていました。

DSCN2607

この、ジェネレーターアンド室外機室と室内は区切られていて、タウンエースジュニアから外されたガラスが再利用されていました。

スライドドアはワゴン使用らしくオートで、観光バスのようでした。

室内はやはり狭いです。現行ジュニアとは容積が違いますから。それでもお約束のルームエアコン。

DSCN2617

最後尾に対面式の(コの字は無理のようです)ダイネット。もちろんベッド展開できます。

DSCN2618

シャワールームの見慣れた扉。

DSCN2620

流しは冷蔵庫の上です。

DSCN2619

電子レンジの上はデッドなスペース。

DSCN2621

現行ジュニアよりかなり窮屈ですが、一式装備です。窓は全部つぶして断熱も考えてあります。

バンコンに発電機とエアコン。シャワーと電動カセットトイレというだけで充分インパクトがあると思いますが……

だって他にこんなバンコンないでしょ?

すごいです。

P.S.オートキャンパー12月号にニューモデルとして掲載されました。750万円。市販するんですね??!

-徒然草

Copyright© アウトドアジュニア道 , 2019 All Rights Reserved.