キャンピングカーアウトドアジュニア道TOPジュニア旅記録 > うつくしま ふくしまの旅 2007年8月10日

キャンピングカーアウトドアジュニア道

うつくしま ふくしまの旅 2007年8月10日

やはり盆と正月は「里帰り?」でしょう。故郷ではないのですが、福島県須賀川市(旧岩瀬村) の父親の所に弟と集まることになっています。日時は8月11日土曜日。

情報では東北道大渋滞のピークのようです。せっかくキャンピングカーがあるのだから、うまく逃れましょう。

渋滞は8月10日の昼間に山があり、夜から11日にかけて大渋滞になるということです。 いつものように矢板から○○キロという感じのようです。

ならば10日の夕方に矢板の先まで行ってしまえばどうだ?

ということで、1号線の旅から帰った翌日ではありましたが、10日の午後出発することにしました。

とりあえず下道をだらだらと北上します。

最初の立ち寄り処は川越のほんだ製菓工場。ここのおせんべいは美味しいです。工場直売店では少し安く買えます。 手みやげにゲットします。次は菖蒲町。梨(幸水)をゲットします。ここの梨ジャムがお気に入りで、よく買いに来ます。 人にプレゼントしても喜ばれます。そのジャムになる前の本物、ちょうどシーズンです。

なんだかんだとやりながら東北道加須ICまで来ます。時間もちょうど良いです。通勤割引を使い、矢板ICまで行きます。86.8キロ、 2400円のところ半額で1200円。おいしいです。

矢板のベイシアで安くなったお惣菜等をゲット。今晩のおかずです。

さて今晩のお宿は喜連川温泉。道の駅「きつれがわ」。ここもお気に入りで何度も利用しています。温泉が良いです。 掛け流しで独特の臭いがし、効きそうです。

DSCN2280

明けて11日。矢板ICまで来ると、その先まで渋滞してるという情報です。ならば4号線を行ってしまいましょう。 なかなか走りやすい道です。

須賀川の集合時間は12時。だいぶ時間が余るので寄り道します。白河の少し手前から山の方に入り、道の駅「羽鳥湖高原」に寄ります。

DSCN2289

新しくできた道の駅らしく、施設はきれいでした。ヤーコンが名産らしく、お約束のソフトクリームがありました。

DSCN2284

この時季の羽鳥湖は水が少なく、景色はいまいちです。

DSCN2295

父親の所には家庭菜園(農場?)があり、色々な野菜が植わっています。なす、トマト、ピーマン、インゲン、カボチャ……おっ、 スイカもあるぞ。ズッキーニも……

DSCN2322

郡山の中華料理店「姑娘飯店」でご馳走になりました。ワタリガニの卵白なんとかというのが絶品です。

DSCN2309

さて、そんなことをしているうちに「解散」となりました。弟はそのまま栗橋まで帰るとのことでしたが、 私達夫婦はもうすこし福島を楽しむことにしました。

翌日のスケジュールを考えて、猪苗代湖まで移動します。途中空がきれいでした。

DSCN2328

猪苗代では、ブルーベリーオフの会場に使わせてもらった(今年は中止)「宇川クリーンファーム」にP泊させていただきます。

DSCN2334

夜は星も凄くきれいで、久しぶりに天の川を見ることが出来ました。

磐梯山もきれいに見えるところです。

DSCN2330

朝、開園1番でブルーベリーを摘ませてもらいました。30分摘み(食べ)放題お土産付き500円です。 摘み取りだけなら100グラム80円。新鮮な野菜も売っていました。

オーナーの宇川さんの弟さんが、少し離れたところで酒屋さんをやっています。そこに「雪中貯蔵酒」というのがあります。

DSCN2338

雪室の中に雪をためて、冷蔵庫のようにしています。夏真っ盛りだというのにまだたっぷり雪があり、冷蔵庫の中にいるようでした。

DSCN2339

猪苗代湖も涼しげです。湖水浴を楽しむ人もたくさんいました。

DSCN2346

帰路は水郡線に沿って南下することにしました。妻が子供の頃水郡線に乗ったことがあり、色々な思い出があるとのことだったので、 行ってみることにしたのです。

福島空港のすぐそばに道の駅「たまかわ」が出来ています。日本一小さな道の駅だそうです。

DSCN2348

ここには「空芯菜」のソフトクリームがあったので、お約束通り食べてみます。

DSCN2349

この玉川村には妻の親戚があります。子供の頃よく来てかわいがってもらったとのことです。

DSCN2352

その帰りに川辺沖駅から水郡線に乗ったのだそうです。当時川辺沖の駅はただの土手だったそうですが、今は駅らしくなっていました。

DSCN2351

といってもホームと看板と待合所があるだけですが……

水郡線に沿ってR118を南下。次の立ち寄り処は道の駅「はなわ」。

DSCN2357

ここは花のダリアが名産のようで、ダリアソフトなるものがありました。これもゲット。

DSCN2359

ついでに鮎の塩焼きも食べてみました。

DSCN2361

R118を先に進みます。妻の記憶では水郡線は田園地帯を抜けたあと、川と絡みながら山間を進んだと言うことです。 そのような景色になってきました。

DSCN2366

そうこうするうちに茨城県に入りました。

DSCN2368

次の立ち寄り処は道の駅「奥久慈だいご」です。

DSCN2372

温泉があるので入ってみました。「はあーやれやれ。」

DSCN2377

辺りはだんだん暗くなってきました。この辺りで西に進まないと水戸に行ってしまいます。県道をすすみ道の駅「みわ」に立ち寄ります。 さすがにもう閉まっていました。

DSCN2380

そのまま西に進み、烏山を通ってR4に出ます。東北道宇都宮上三川ICから東北道に乗ります。

佐野のSAで晩ご飯を食べ時間つぶしします。岩槻を10時過ぎに下りるようにします。

83.4キロ2450円のところ、1250円。早朝夜間割引です。

自宅には11時過ぎに戻りました。突然思い立った気ままな旅行。これぞキャンピングカーの醍醐味ですね。