キャンピングカーアウトドアジュニア道TOPジュニアの快適化 > メーターパネルの研究

キャンピングカーアウトドアジュニア道

メーターパネルの研究

ジュニアのベース車タウンエーストラックのメーターは、かなり旧式です。今時のトラックは夜間針が光っています。 トリップメーターもデジタルです。カムロードだって、ボンゴトラックだってそうです。 ところがジュニアのメーターパネルはぼーっと緑色に光り、針も光らず間接照明になっています。トリップメーターもカチカチ機械式 (最近のモデルはデジタル)。ちょうどうちにある12年前のマツダキャロルと同じ感じです。オプティトロンメーターは無理にしても、 トヨタさんもう少し頑張ってよ。という感じです。

DSCN1529s

さて、つまらないことなんですが、毎日見るところだけに気になってきました。 ネットを見るとDIYでメーターを改造している人が結構います。

何とかもう少し見栄えをよくするために、研究を始めました。

まずは、研究用に壊してもいいメーターを手に入れるところからのスタートです。 オークションでうまい具合に1500円でメーターをゲットできました。CM75と書いてあります。 タコメーターなしのマニュアル車用の物のようです。

DSCN1527s

DSCN1528

箱の中を緑のキャップをはめたバルブ4本で照らしています。メーターのパネルはペニョペニョのプラスチックで、 表示のところだけ光が透けるような白いプリントです。
カバーとメーターパネルの間に隙間があり、ここから回り込んだ光が針を照らすようになっています。昔ながらです。

まず色がいやだったので、白くしたい。
発光ダイオードを考えたのですが、結構高い。

とりあえず白色のバルブ(消灯時は青いです)を入れてみました。
結構いい感じ。ちょっと明るすぎるかな……

DSCN1530s


どうせだったら、もっと明るくしてクリアカバーにスモークを貼ればオプティトロンもどきか……
文字盤はEL照明にして……

やっぱり針がネックですね。
針に灯りを入れる方法はない物ですかね。
次の課題です。