キャンピングカーアウトドアジュニア道TOPジュニアの外装 > 万全のFRPシェル

キャンピングカーアウトドアジュニア道

万全のFRPシェル

キャンピングカーのシェルにはいろいろなものがあります。FRPが多いのですが、中にはアルミのものもあるようです。
FRPも一体成形のものやパネル工法のもの、最近では何とか工法のものといろいろな技術があるようです。
ジュニアはリーエキスポートがバイク屋さんであることもあるのか、2輪の技術が生きていると聞きます。
9枚のFRPの部品を重ね合わせながら接着し、成形するとのことです。なので継ぎ目から雨が漏るというようなことはありません。


DSCN1146s 

一応コーキングはしてありますが、見た目……?というか本来なくても大丈夫のようです。


2WDと4WDでは車高が違います。キャブ部と荷台の位置関係が違うのです。2WDではキャブの屋根、 バンクベッドのところはこのようにつながっています。


DSCN1147s 

4WDは荷台が高いので、この部分にFRPのスペーサーが入り段差を吸収しています。なので4WDでは、 ベース車のもともとの車高の高さに加え、荷台も高いのでエントランスのステップは10cmほど高い感じです。

右が私のジュニア2WD。左が師匠のジュニア4WDです。

DSCN1510s

この高さの違いも4WDの購入を考えるときは、走破生や燃費と共に考えておく必要がありそうです。